リニューアルで生まれ変わる
エレベーター

リニューアルを行うことによってエレベーターの乗り心地が格段に快適になります。かご室内が一新されて快適になるだけでなく振動や騒音が抑えられ動作もスムーズになります。故障の頻度が減り、安心してエレベーターをお使いいただけます。さらに、最新の機能やオプション機能をつけることにより、より快適で安全にエレベーターをご利用いただけます。

point

  • 安全性がアップ!
  • 快適性もアップ!
  • ビルの資産価値も向上

実績豊富なSEC

SECエレベーターは皆さまのニーズに応えるため、高度の専門知識を有するスタッフ、24時間365日の即応体制等、万全のシフトで邁進してまいりました。それが認められ、数多くのエレベーターリニューアルをご発注いただいております。今後もユーザーの皆様の立場に立って、快適な環境と徹底したサービスを提供してまいります。

point

  • 全メーカー対応のメンテナンスで培ったノウハウ
  • 50年以上の実績で多数のリニューアル実績
  • 製造メーカーとしても活躍

エレベーターの寿命

エレベーターの耐用年数は20〜25年程度と言われています。適切なメンテナンスや部品交換をしていてもエレベーターのリニューアル工事は避けられないのが実情です。旧式の制御システムで運行されているエレベーターがリニューアルされることにより快適に生まれ変わります。(参考:一般社団法人日本エレベーター協会資料より)

point

  • 部品供給は製造から20年程度でストップ
  • 適切なメンテナンス併用で使用期間は伸ばせる
  • ただし経年劣化は避けられずいずれは改修が必要

リニューアルで省エネ化

最新式の駆動装置や制御装置は消費電力を抑えた省エネルギーに対応した設計がされています。また、ドアシステムやスイッチ類なども効率性がアップし省電力化されています。さらにLED照明を採用することにより省エネで超寿命化され、環境に優しくなっています。また故障によって部品を交換することも少なくなることはエコロジーの観点からも重要なことですし、もちろんランニングコストを引き下げることにつながります。

point

  • 最新のインバーターで省力化
  • LED照明で消費電力を抑える
  • 部品交換の頻度も下がります

ビルの資産価値向上

建物にとってエレベーターは「顔」の一部とも言える場所です。内部の部品を替えるだけでなく、エレベーターのデザインを一新することで建物のイメージがアップし、ビル全体の付加価値の向上につながります。見た目はもちろん、スムーズな乗り心地や、床とカゴが同じ高さにピタッと止まる着床精度の向上で快適性もアップ。最新ドアセンサで戸開閉時の安心感も増し、車いす仕様など福祉機能の充実を図ることもできます。効率のよい運転で、走行時間や待ち時間を短縮することも利用者の利便性につながります。

スピードリニューアル

低コストで短納期

SECエレベーターが持つ全メーカー対応の技術力とノウハウから生まれた「スピードリニューアル」。
最短1日の完全停止でしかも低コスト。エレベーターをリニューアルする際に大きな障壁となっていた「エレベーターが長期間使えなくなる」「コストが高すぎる」という2つの大きな問題を解決する新サービスです。
もちろんお客様のニーズや状況に合わせて、リニューアルプランをカスタマイズできます。コスト・工期・ご利用状況に合ったプランをご提供いたします。 

point

  • 完全停止は最短1日!
  • 使える部品は残すことでコストも低減
  • その他のプランも選べます

既存不適格解消

平成21年9月、 国土交通省は建築基準法を改正し、エレベーターの安全強化を義務付けました。平成22年4月以降、定期検査を行うエレベーターで所定の安全装置が設けられていない場合、既存不適格となります。 SECエレベーターでは「既存不適格」の状態を解消するように、改正法に準拠した対策をご提案しています。

ご契約までの流れ

step 01 お見積もり依頼

まずは、お客様からお見積りのご依頼をいただきます。

step 02 お客様のご要望

現場の調査を行ない、またお客様のご要望をお伺いします。

step 03 計画の策定

エレベーターリニューアルのご提案を策定をいたします。

step 04 お見積書

現地調査とお客様からのご要望に基づき、お見積書を提出します。

step 05 ご契約

内容にご納得いただいた上で、ご契約させていただきます。

マンガでわかるエレベーターリニューアル

わかりづらいエレベーターのリニューアルについてイラストでわかりやすく説明します

イメージキャラクターの具志堅用高さんが日頃から感じているエレベーターリニューアルへの疑問に対してわかりやすくお答えします。

イラストでわかるエレベーターリニューアル
Scroll Up